便秘性(べんぴしょう)

 

そもそも便秘性などという言葉はないのですが、便秘になりやすい体質というものを便秘性という神秘性のある言葉を造ってみました。exclamation

 

また、便秘という言葉は症状を意味するものであり、言わずと知れたことですが、出るものが出ないということでその為に不快感をも伴うというものになります。

 

通常成人の排便は1日1回ですが、2,3日に1回でも何ら不快感を伴わなければ便秘とは言い難いということになり、逆に規則正しく出てはいるものの不快感を伴っている場合は便秘とも言えなくもないのですが、ここでは、不快感を伴わないけど出ていなかったり、なんとなく便秘気味だという場合を便秘性としてその治療についてお話していきたいと思います。  ( 余計な言葉を造ってしまった為説明がややこしくなってしまった。 若干後悔しなくもない。)

 


 

その前に便秘についてもう少し細かく見ていきたいと思います。??

 

便秘には一時的なものと慢性的なものがありますが、臨床的意義が多いものは慢性的なものであります。

 

慢性的なものにはある疾患が影響して便秘という症状が出ているものと差し当たり原因が見当たらない便秘があります。

 

原因が見当たらない便秘は3つのタイプに分けることができ、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘というものになりますが、例のごとくここではそれらの詳しい説明は避けます。

 

詳しいことが知りたい人は、これらのキーワードで今すぐ検索 exclamation?~2

 

詳しくない説明として、弛緩性便秘は運動不足や座る職業の人がなりやすく、痙攣性便秘は神経過敏性の人(過度の精神的ストレスがある人)がなりやすく、直腸性便秘は出すのを我慢する習慣が身についてしまった人がなりやすいという特徴があります。

 

このように生活習慣や精神的なものによって便秘にはなりやすいのですが、弛緩性と直腸性のものは不快感を伴いにくいという特徴がありここでいう便秘性に近いものになります。

 

 


よって、便秘性という体質の改善には生活習慣を改める必要が出てきます。????????

 

 

 

具体的には運動と食事です。

 

しかしながら、食事は嫌いという人はいないと思いますが、運動は嫌いという人がいます。

 

なので食事から話しをします。

 

食物繊維を多く含むものと水分を多く摂る習慣をつけます。

 

胃にものが入ると大腸が動くという反射が起こり通常は便意をもよおしますが、便秘性の人はそれが起こりにくかったり感じにくかったりすることが考えられます。

 

この反射は朝食後に大きく起こるので、なにはともあれこのタイミングでトイレに行く習慣をつけます。

 

次に運動ですが、運動、特に脚をよく動かすことは胃腸の働きを活発にするので何か運動する習慣をつけたほうがいいのですが、やりたくないという人は出来るだけ階段を利用するといいと思います。

 

 

 

さて、このように生活習慣を改善することが大切なのですが、これと合わせて治療をしていくと更に効果が表れてきます。?O?b?h?i???????????j

 

 

 

弊院での便秘性に対する治療は、部分的な施術(30分(¥2500))で鍼灸マッサージを行います。

 

特にお灸よる温熱刺激が内臓の調整には適しているのです。?????C???i?????j

 

メインの治療は鍼灸マッサージとなりますが、サブ的なものとして骨盤矯正(30分(¥2500))も有効です。

 

 

 

最近、お灸女子なぞいう女性が出てきたようで、お灸に対して肯定的なイメージが増えていくことは嬉しいことであります。????????

 

明治以前はお灸は世間では一般的なものでありましたが、文明開化により一部のインテリ人間から野蛮だと批判され、またその後のペニシリンなど画期的な治療薬の登場や西洋医学の発展などにより徐々に影が薄くなっていきました。

 

しかしながら、治療薬の発展は同時に副作用など身体への負担も大きくします。

 

お灸はツボに温熱刺激を加える副作用のない身体に優しい治療法であり、現代のような科学の発展した時代においても良さを分かっている人はお灸を続けており、新たにお灸女子の出現によりお灸がますます身近なものになっていくことを願って、最後はまたしても話が脱線してしまいましたが、この辺りで〆たいと思います。