腰痛の治療 rev 2.0

 

以下の記事は、2012年1月に作成したものですが、2019年6月現在の私の経験等から内容を変更する必要性を感じ、当初の記事に加筆修正をしたものです。ペン

 

 


痛みの状態や患者様のご希望を考慮して施術法を選択します。exclamation

 

 


当院では、骨盤矯正・鍼・マッサージ・お灸のいずれかを、もしくはこれらを組み合わせて行います。

 

基本的な施術時間は30分ですが、ご要望により延長も可能です。

 

 


腰痛の原因は、ほとんどの場合が骨盤や腰椎の骨格の歪みや腰部、臀部、下肢の筋肉の過度の緊張であると考えております。

 

このような場合は、身体の動かし方、もしくは同一姿勢の持続によって痛みを感じることと思います。ふらふら

 

 


よって治療の目的は、骨格の歪みや筋肉の緊張を改善していくことであり、そうすることにより痛みが緩和されます。るんるん

 

 


腰痛治療のメインの施術法は、骨盤矯正もしくは鍼を使った施術になります。

 

通常、マッサージやお灸は補助的なものになりますが、ほとんどの場合上記の施術にマッサージを組み合わせて行います。

 

効果的な治療はこのようになりますが、患者様のご希望を優先した場合はマッサージのみの治療となることもあります。

 

 


メインの施術法について説明します。ひらめき

 

骨盤矯正は骨盤や腰椎の骨格の歪みを改善し、これによって深部の筋肉の緊張も緩和され腰の動きがスムーズになり痛みが和らぎます。

 

鍼の場合は深部の筋緊張の緩和はもちろんのこと鍼独特の鎮痛作用や血行改善作用もあり痛みが和らぎます。

 

どちらを用いるかもしくは両方になるかは冒頭にもある通り痛みの状態や患者様のご希望を考慮して選択します。

 


当院における腰痛治療における施術はこのようになります。 ( 自由診療の場合 )

 

 


最後になりましたが、腰痛には急性と慢性の腰痛があり、急性の腰痛は痛みが発生してから2週間以内のもの、慢性の腰痛は痛み方に変化があるものの継続性があり痛みが3カ月以上続くもの、急性と慢性の間を亜急性の腰痛と捉えています。

 

これらの腰痛の違いは、急性の腰痛には炎症が起きていることが多いということです。

 

急性の腰痛の治療においては、炎症をいかに抑えていくかが治療のポイントになります。

 

治療のノウハウは、施術者の経験と知識と感性によるものだと考えています。ぴかぴか(新しい)