腰痛

'10/7/25 (Sun)

 

気になる症状について、前回の肩こりに引き続き、今回は腰痛の話をします。手(チョキ)

 

 

腰痛とは、改めて言うことではありませんが、腰が痛いということです。

 

腰という字は、月に要と書きますが、この場合の月は身体を意味しますので、

腰というのは、身体のかなめという意味です。ひらめき

 

つまり、腰痛というものは、身体のかなめが痛いということなので、

身体の一大事ということになります。がく〜(落胆した顔)

 

意外や、大変なことなのです。

 

どのくらい大変なことかと言いますと、

例えば、味噌汁のかなめは、だしということにしてみると、

だしをとってない味噌汁を飲んでみると、その大変さが分かると思います。

 

分かりにくいという方は、空気の入ってない自転車を思い出してみてください。

 

一度は経験しているでしょう。exclamation

 

空気の入ってない自転車に乗ると、こぐのは一苦労だし、お尻は痛くなり、

実に大変なことなのです。

 

 

 

さて、たとえ話はこのくらいにして、腰痛の話に戻りますが、今回も専門的な話はしません。

 

専門的な事が知りたい方は、今すぐ『 腰痛 』で検索!!るんるん

 

では、なんの話をするかと言いますと、腰痛と経済の話をします。

 

(なんのこっちゃ!?と思ったかたも多いでしょう)

 

経済というのも色んな意味がありますが、ここでは、コスト(負担)のことだと考えてください。

 

(ちなみにここでのコストは、金銭的なものにとどまらず、身体的、精神的なものまで含みます)

 

 

腰痛知らずという方は、腰に関わるコストはゼロか、せいぜい予防の為のコストですので、

経済的な腰をお持ちということになります。わーい(嬉しい顔)

 

腰痛をお持ちの方は、ローコストの方もハイコストの方もいます。

 

ローコストの方は、痛みを我慢するか、自分でなんとかしようとしている方です。

つまり、やりくり上手な腰をお持ちということになります。わーい(嬉しい顔)

 

そして、腰痛持ちである程度のコストのかかっている方は、

不経済な腰をお持ちということになり、ふらふら

ものすごくコストがかかっていう方は、

ハイコスト・ローリターンのどら息子のような腰をお持ちということになります。がく〜(落胆した顔)

 

 

ここで注目したいのが、やりくり上手な腰です。

 

なぜかと言いますと、今は経済的な腰を持っていても、

人間は歳をとるので、加齢による腰痛の保有率が高くなり(早ければ40腰)、

いずれはやりくり上手な腰を目指さなければいけなくなる確率が高くなるからです。

 

もちろん生涯を通して経済的な腰でいける方もいますし、

努力や治療によって、やりくり上手を通り越し経済的な腰に戻れる方もいます。るんるん

 

そして、不経済な腰やどら息子のような腰をお持ちでしたら、

まずは、やりくり上手な腰を目指した方がいいと思うのです。

 

無論、経済的に困ってない方やどら息子がカワイイという方は、

無理に目指す必要はありませんが。

 

 

しかし、やりくり上手な腰にも一つ問題と言える点があります。爆弾

 

それは、痛みを我慢しているという点です。

 

自分でなんとかなる痛みであれば、そう問題にもなりませんが、

我慢しなければいけない痛みというのは、身体にとっては一大事だと思うのです。

 

我慢するには、身体的、精神的なコストがかかっているので、

身体的、精神的活動がロスしてしまうからです。

 

このロスは非常に大きなロスになる場合があります。

 

それは、QOL(クオリティー・オブ・ライフ:生活の質)の低下につながるからです。バッド(下向き矢印)

 

大袈裟かもしれませんが、人生に影響を及ぼしかねないからです。

 

更に飛躍させてみると、

個人の枠を超えて、社会的な経済活動にまで影響を及ぼしかねないからです。

 


話をまとめると、

やりくり上手な腰でも、自分でなんとかできる腰にしていきたいところです。

 

そして、経済的な腰をお持ちの方はできるだけキープしていただきたいと思います。ぴかぴか(新しい)

 

 

 

せっかくなので最後まで読んでくれた方の為に、ちょっとだけ専門的な話をします。

 

腰というのは、動きます。

 

(私は、当たり前だと思えることに物事の本質がある場合が多いと考えています)

 

なぜ動くのかというと、腰には関節があるからです。

 

ざっと14個の関節があります。

 

これらが問題なく動いている状態では、痛みはありません。

 

当院で行っている腰痛の治療は、

関節が問題なく動く状態にし、 ゼロコストもしくはゼロコストに近い経済的な腰を目指して行っております。晴れ