経営

'12/2/24 (Fri)

 

                           viet.jpg

 

先日池袋にベトナム料理を食べに行ったらアオザイ着たワインが出てきたからびっくり。??

 

しかもちょっとかわいい。

 

アジアンな料理にはどういうわけか白と決めているステレオタイプな僕。

 

ベトナムワイン!?と思ったけど、昔はフランスの植民地だったから案外美味いのかも!と思い飲んでみたらなかなかの味。????????

 

 

 

僕は甲殻類のアレルギー持ち。?o?b?h?i???????????j

 

定番の生春巻きはエビが入っているので食べられないからエビの入ってない生春巻きをたのんだらエビの入ってる生春巻きが出てきたからびっくり。??

 

一緒にたのんだチキンのグリルがその後出てきた時に思わずこれ何ですか?と聞いてしまった。

 

ちゃんとチキンのグリルだったので安心。

 

お店の人は3人で1人は日本人ぽいけど2人は確実にベトナム人なので本場の味とスリルが楽しめる。????????

 

 

 

23時過ぎにラストオーダーを取りに来たけどもうお腹いっぱいだったのでお勘定してもらった。

 

そしたらちょっとして新しい客が入ってきた。

 

あれ?ラストオーダーじゃなかったの!?

 

どこも経営は厳しいのだ。??

 

鍼灸マッサージ保険治療・まずはじめに

 

健康保険を使うと少ない自己負担で治療を受けることができ、長期で継続的な治療が必要な方には経済的負担が軽くなります。

 

また、定期的に治療を受けることで健康増進・健康管理にも役立ちます。

 

当院ではそのような方のために鍼灸マッサージの保険治療を行っております。

 

 

 

鍼灸マッサージの保険治療を受けるにはいくつかの条件があります。

 

それでは、ひとつひとつ確認していきましょう。

 

'12/2/21 (Tue)

                  um.jpg

 

 

氏神様小村井香取神社では梅まつりが始まらない。

 

というのも寒過ぎて梅の花が咲かないのである。

 

写真は寒さに負けじとかろうじて花開いた1本の早咲き?の梅である。

 

 

 

さて、今年に入り50日が経ったのであるが、気付くと酒量は減ったが活字量が増えたようである。

 

活字量とはつまり読書量のことである。

 

アルコール中毒から活字中毒へ体質が変化、いやいや、どちらとも仲良く共存しているのである。???n?[?g

 

 

 

最近はめっきり読まなくなってしまったジャンルの本があります。

 

自己啓発的な本です。

 

それに取って代わるように読み始めたジャンルが文学であります。?{

 

きっかけは吉川英二の新平家物語であったと思いますが、最近では夏目漱石、太宰治、芥川龍之介、川端康成、宮沢賢司、西村賢太、田中慎弥などを読んでます。

 

このような嗜好の変化がありましたが変わらず読み続けているのは新宿鮫と司馬遼太郎作品です。

 

キリンラガー → サッポロ黒ラベル → スーパードライ と好みが変わってきたが一番飲みたいのはエビスであるといったような感じでしょうか。?r?[??

 

 

 

今朝の新聞には東京の桜の開花予想も例年より数日遅いという記事がありました。

 

やはりこの寒さの影響ですが遅かれ早かれ花は咲くのです。

 

僕も何か咲かせてみたいものです。

 

しかしその前にしっかり根を張らねば。?p???`

 

 

冷え性に対する治療

 

 

冷え性に対する治療のお話をしていきますが、その前に、治療よりも大事かと思われる話をします。

 

 

 

冷え性に対しては、外から中から自ら、ということが大切だと私は考えています。????????

 

なんのこっちゃ!?とお思いになったことでしょう。

 

 

 

外から、というのは外から身体を冷やさないということです。?????C???i?????j

 

今の季節は衣類の防寒に対する性能も上がったりと外から身体を冷やしてしまうケースは少ないかと思います。

 

むしろ暑い夏のほうが冷房や衣類などによりリスクは高くなります。

 

また、気候の変動が激しい春分や秋分を過ぎたあたりも注意が必要かと思います。

 

 

 

中から、というのは身体を中から温めましょうということです。???n?[?g

 

飲食物に対する注意です。

 

昨今は健康ブームでありますから身体を温める食べ物・冷やす食べ物などいう知識も最早誰もが知っているような感さえあるように思われます。

 

ですからここであえて言うまでもないかなと思うのですが、一応言っておきます。

 

身体を温める食べ物は冬が旬の食材・北方で採れる食材であり、冷やす食べ物は夏が旬の食材・南方で採れる食材ですが、調理法などによってその性質が変わったりもするので意外とややこしく思います。

 

実生活において特に気をつけるべきことは、冷たい飲物は避け温かい飲物を摂るようにしたいところです。

 

そして生姜は身体を温める効果が高いので、摩り下ろして味噌汁や紅茶などに入れて習慣的に摂るようにすると良いと思います。

 

 

 

最後に、自ら、ということですが、これは身体を動かして自ら熱を産生しましょうということです。?p???`

 

身体を動かせば身体が温まるということは周知のことと思います。

 

血中の糖分であるエネルギーを消費することで筋肉は活動しその代謝物として熱が産生されます。

 

その熱が血液を温めそれが全身を廻るのです。

 

そしてやるべき運動は下半身の運動です。

 

なぜなら人体の筋肉の7割が下半身に存在するからです。

 

運動する習慣の無い方は、ウォーキングから始めてスローランニングくらいできるようになれば良いかと思います。

 

 

 

口で言うのは簡単ですが、実際に行動してみるのはなかなか難しいものであるかと思います。???e

 

なかでもこの3つで一番とっつきにくいのは、自ら、という部分ではないかと思います。

 

おそらく運動はやりたくないという方もいるでしょう。

 

そのような方はせめて腹式呼吸をやってみると良いと思います。

 

まさか呼吸もしたくないという方はいないでしょうから。

 

腹式呼吸のやり方が分からないという方は こちら を参照してみて下さい。

 

 

 

さて、そろそろ本題であります治療の話をしようかと思います。

 

 

 

弊院での冷え性に対する治療は、全身の施術(60分(¥5400))を鍼灸マッサージで行います。

 

 

 

このような体質の方は気血水の流れが滞りバランスの失調をきたしているという考えの下、東洋医学を用いてそれらのバランスを整えることにより体質を改善していく治療をします。????????

 

鍼は気を動かし、灸は血を動かすという考えが東洋医学にはあります。

 

また、気を動かすことにより血も動き、血を動かすことにより気も動くという相互に作用する性質もあります。

 

そして血は水の変化したものでありますから、気血が滞りなく流れバランスが整うことで水のバランスも整うものなのです。

 

 

  

時には耐える

'12/2/9 (Thr)

 

                   azuma.jpg                    naka.jpg

 

昨夜からスカイツリーまでのところを浅草まで脚を延ばしてみた。

 

 

 

1カ月前再びランニングを始める際また故障するのはもう勘弁と思い、今までより距離を短くペースも落とし週3から週2に減らして走ることにした。

 

しかしそんなランニングで楽しいものかと疑問符がついての再スタートではあったのだが、いざ走ってみるとスッキリ爽快たのしいのである。????????

 

この1カ月膝に痛みが出ないかと内心はヒヤヒヤしながらのランニングではあったが、アフターケアもそれなりの真面目さでやったお陰か差し当たり不具合も出ずに走り抜くことが出来たことは嬉しく思うのである。???[???i?????????j

 

 

 

昨今のマラソンブームのおかげ?なのか弊院にもマラソン愛好家が治療にみえるようになった。

 

ほぼみなさん膝の治療である。

 

私もご多分に漏れることなく膝を痛めたのではあるが、その話を患者さんにしたところ 『 接骨院の先生なのに 』 と言われてしまった。

 

うちは接骨院ではないのであるが、どうやら患者さんにとっては同じように見えるようなのである。

 

非常に悲しいことである。?????????`?i?????????j

 

 

 

さて、私は本を読むのが好きなのであります。???n?[?g

 

だいたい3冊程度を平行読みをするので所要時間が3倍くらいかかるのですが、たしか10月頃から読み始めた 『 翔ぶが如く 』 という司馬遼太郎の作品を昨日読み終えました。

 

これは10巻まである長編ものであり、明治維新後約10年の薩摩(今の鹿児島県)を中心とした話でした。

 

時期的には面白そうな雰囲気はあるのですが、坂本龍馬、高杉晋作などの面白い人達は幕末に斃れてしまったせいか読んでみるとなかなか苦渋の味わいがあり途中で放り投げたくなるような焦燥にもかられました。??

 

しかしそんな気持ちを抑え最後まで読もうとマラソンで言うなら最後まで走り抜こうという感じなのか、私はフルマラソンはまだ経験がないので実際ところは分からないがこのような場合はきっと最後の最後には精神力がものをいうのだろうと思います。?p???`

 

というこで、私にはこの作品を通じてある種忍耐力のような自信がついたのであります。